• TOBEYOGA

2種類のヨガインストラクター

ヨガを学ぶことに熱心な生徒に出会うと、


本当に幸せな気持ちになる。

特にその方がヨガインストラクターであれば尚更。

ここ京都でスタートしたレギュラークラスでも新しく嬉しい出会い。

ヨガインストラクターには「2種類のタイプ」がある。

① クラスに参加する人を「お客さん」と呼ぶタイプ。

(お客さんとしてとらえている人。)

② クラスに参加する人を「生徒さん」と呼ぶタイプ。

「お客さん」と呼べば、インストラクターはそれなりの行動となり、


参加者の心構えもその影響を受ける気がします。

参加者が、生徒として受講するのとでは本質の吸収力が違ってくる。

「生徒」と呼ぶことにより、自分は鮮明に「先生」となる。

「先生」と言われる立場の重み、


プロとしてのクオリティをいつも自分に投げかけられることで、


インストラクターは自分自身のやる事が日々明確になっていき、


そのための学びの行動を自分自身に課す。

たかが言葉、されど言葉。

つまるところ、


一生懸命な生徒との出会いが嬉しいということ。



31回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now